-MIRABLO- ミラブロ

-MIRABLO- ミラブロ

みらーじのオモチャ忘備録。オモチャが好きな大人です。 Twitter→@mirapedo3

スタジオシリーズ ジェットパワーオプティマス

今日は中秋の名月ですね。月が綺麗です。

僕はそんなこと知らずに奥さんと月見団子ではなくアイス食ってました(笑)

 

 

さて、今回はスタジオシリーズのジェットファイヤーとオプティマスプライムの合体編です!

mirablo-3.hatenablog.com

 

mirablo-3.hatenablog.com

 

まずはジェットファイヤーとオプティマスを並べて。

f:id:mirapedo3:20190913223906j:image

ジェットファイヤーはリーダークラスなのでオプティマスに比べて大型です。が、劇中比もこんなもん…どころかもっとジェットファイヤーが大きいんですよね。オモチャのイメージとしては良い感じではないでしょうか。
f:id:mirapedo3:20190913223850j:image

お互いの武器を持たせてみました。オプティマスにジェットファイヤーの斧を持たせると大きくて外連味あって良いですね。
f:id:mirapedo3:20190913223858j:image

ジェットファイヤーはダブルトマホーク!

オプティマスは武器が豊富に付属してるので色々持たせ変えるだけでも楽しめます。

 

そしてビークルモードでも並べて。
f:id:mirapedo3:20190913223842j:image

トレーラー付きでやっと同じくらいの大きさです。
f:id:mirapedo3:20190913223846j:image

映画だともっとジェットファイヤーは大きいんですよね…そう考えると航空機系のTFってメチャデカイですよね…。
f:id:mirapedo3:20190913223853j:image

トレーラーに乗せてみました。マイクロン伝説の時のオモチャのイメージです。
f:id:mirapedo3:20190913223903j:image

そしてただ乗せてるだけですが牽引させてみました。これもマイ伝でコンボイがジェットファイヤーを牽引出来たのでそれをイメージしてます。

そもそも実写リベンジの「オプティマスとジェットファイヤーの合体」ってかなり「TFマイクロン伝説」を意識してますよね。

僕はマイ伝が好きなのでその要素をフィーチャーしてくれてる実写リベンジが好きですね。

 

そしてジェットファイヤーに付属してたオプションパーツのギミックです!

f:id:mirapedo3:20190913224725j:image

まずはオプティマスの胸パネルを展開。
f:id:mirapedo3:20190913224731j:image

そして「腹筋」パーツを取り外します。
f:id:mirapedo3:20190913224721j:image

ジェットファイヤーに付属してたオプションパーツを取り付けます。
f:id:mirapedo3:20190913224734j:image

これで「トランスフォーマーリベンジ」版オプティマスプライムの完成です!
f:id:mirapedo3:20190913224729j:image

僕は実写一作目〜リベンジまでのオプティマスのデザインが好きなのでこのバージョンチェンジギミックは嬉しいですね。

TFSSのリベンジオプティマスを買ってない人への救済措置にもなっているのが素晴らしいです。

取り外した腹筋パーツはジェットファイヤーのボディ内部に仕舞っておくことが出来るので紛失防止にもなります。

 

 

それではジェットファイヤーとオプティマスの合体(ユナイト)!!

f:id:mirapedo3:20190913225119j:image

まずはオプティマスから。
f:id:mirapedo3:20190913225109j:image

オプティマスは背面パーツをジェットウイング時の様に変形させます。
f:id:mirapedo3:20190913225112j:image

そして脚を変形させ…
f:id:mirapedo3:20190913225115j:image

この状態にして準備完了。

 

お次はジェットファイヤーです。

武器は取り外しておきます。

f:id:mirapedo3:20190913225313j:image

上半身をビークルモードの様に機首を展開します。
f:id:mirapedo3:20190913225426j:image

そして身体を機首、上半身、下半身、脚部に分離させます。
f:id:mirapedo3:20190913225430j:image

まずは脚部から。
f:id:mirapedo3:20190913225400j:image

関節を下方向に曲げます。
f:id:mirapedo3:20190913225357j:image

そして90度回転。
f:id:mirapedo3:20190913225310j:image

さらに内側に曲げる様に可動させます。
f:id:mirapedo3:20190913225302j:image

脚部自体をバカっと開きます。f:id:mirapedo3:20190913225341j:image

そして左右の脚を入れ替えます。f:id:mirapedo3:20190913225415j:image

これで脚部は準備完了。下駄パーツになります。

 

お次は下半身です。
f:id:mirapedo3:20190913225351j:image

羽を閉じ、脊髄パーツを手前に倒します。
f:id:mirapedo3:20190913225338j:image

更に羽ユニット自体を倒します。
f:id:mirapedo3:20190913225423j:image

股関節を割り開きます。
f:id:mirapedo3:20190913225306j:image

本体を立てます。
f:id:mirapedo3:20190913225407j:image

羽に付いてる銃口パーツを取り外します。
f:id:mirapedo3:20190913225345j:image

これで下半身は準備完了。バックパックユニットになります。

 

お次は上半身。
f:id:mirapedo3:20190913225354j:image

上部のカバーを少し閉じる様に可動させます。
f:id:mirapedo3:20190913225418j:image

本体をひっくり返します。
f:id:mirapedo3:20190913225348j:image

腕部を回転させます。
f:id:mirapedo3:20190913225327j:image

そのまま折り曲げてジョイント。
f:id:mirapedo3:20190913225335j:image

再びひっくり返し、下半身ユニットから取り外した銃口パーツを…
f:id:mirapedo3:20190913225411j:image

合体!
f:id:mirapedo3:20190913225330j:image

さらに上半身パーツの先端に取り付けます。
f:id:mirapedo3:20190913225320j:image

これで上半身パーツは準備完了。大型ブラスターになります。

 

そして機首パーツ。
f:id:mirapedo3:20190913225259j:image

左右に割り開きます。
f:id:mirapedo3:20190913225403j:image

これで機首パーツは準備完了。肩アーマーになります。

 

そしてオプティマスの脚部に…

f:id:mirapedo3:20190913230430j:image

下駄パーツを合体させます。
f:id:mirapedo3:20190913230417j:image

カバーを閉じ脚正面と側面のジョイントでしっかりロックします。

f:id:mirapedo3:20190913230433j:image

肩アーマーを取り付けます。
f:id:mirapedo3:20190913230413j:image

背中に背負わせるようにバックパックユニットを合体。
f:id:mirapedo3:20190913230423j:image

ベルトパーツを左右ジョイントさせます。
f:id:mirapedo3:20190913230405j:image

それを腹部に合体!
f:id:mirapedo3:20190913230426j:image

左腕にジェットファイヤーの杖が変形した機銃を取り付けます。
f:id:mirapedo3:20190913230420j:image

背中にジェットファイヤーの斧を取り付けます。
f:id:mirapedo3:20190913230409j:image

そして大型ブラスターを持たせて、各部を微調整して…。

 

完成!

ジェットパワーオプティマスプライム!!!

f:id:mirapedo3:20190913230953j:image
f:id:mirapedo3:20190913230957j:image

カッコいい!!有無を言わさぬど迫力です!!

全体のプロポーションはかなり劇中のバランスに近くなってますね。素晴らしい再現度です。

 

この赤、青、黒というカラーリングもアニメだったらあまり無いカラーリングで渋くてカッコよくて好きですね…。

頭部が特に変化しないのはいかにもトランスフォーマー!という感じですよね。
f:id:mirapedo3:20190913231004j:image

大型ブラスターがかなり大きくなっていますが、個人的には勇者ロボのような外連味を感じれて好きな処理です。

そしてこの大型ブラスターに見慣れすぎてTFリベンジ時のリーダークラスのジェットパワーオプティマスのブラスターが「なんか小さくね…?」って錯覚する程です(笑)
f:id:mirapedo3:20190913231014j:image

可動はオプティマスの可動範囲に準じてるので問題なく動かすことが出来ます。

ただ、実際右手がかなり重たくなります。
f:id:mirapedo3:20190913231010j:image

単体でブラスターを構える事が出来ない…ので、ジェットファイヤーの腕を展開して補助アームにしてみました。
f:id:mirapedo3:20190913231000j:image

これで問題なくブラスターが構えられますね!

カッコいい!
f:id:mirapedo3:20190913230943j:image

背中にマウントしてる斧を持たせてみました。

元々ジェットファイヤーに合わせて大型の斧なのでジェットパワーオプティマスに持たせても十分迫力がありますね。

 

そしてさらに背中にジェットパックを合体させてみました!

…と言っても引っ掛けてるだけです。
f:id:mirapedo3:20190913230948j:image

名付けてウイングジェットパワーオプティマスプライム!!

オモチャならではの夢の合体ですね。

 

 

と、言うわけでスタジオシリーズのジェットファイヤーとオプティマスの合体でした!

スタジオシリーズが始まってから実写TFオモチャから離れてたのですが、やはり合体ロボは良いですね…とても楽しくてずーっと眺めてるくらいお気に入りです。

 

リベンジ時のリーダークラスのオモチャも最高でしたが、こっちのSS版は手にとって弄りやすい大きさというのがお気に入りポイントですね。

それでもやっぱり合体させ終わるといじらずに飾って眺めてるんですけどね(笑)

この迫力はうっとりするものがありますね…!

 

買ってよかった…!これは買わなかったら50年後に後悔してたかもしれませんね!

スタジオシリーズ ジェットウイングオプティマスプライム

今日はすごい台風ですね…。東京都内はかなり被害を被ってますね。こういう時は無理しないで国民みんな休みでいいよ…。

オプティマスのフロントグリルについて追記しました。

 

さて、今回はTFスタジオシリーズよりジェットウイングオプティマスプライムです!

まずはビークルモードから。

f:id:mirapedo3:20190909073226j:image
f:id:mirapedo3:20190909073230j:image

ビークルモードはトレーラー付きのトラック。車種はピータービルド379。

実写オプティマスはキャブ部単体での商品化が多いのですが今回は嬉しいトレーラー付き!

やはりトレーラーが付いてこそオプティマスプライムですね!

f:id:mirapedo3:20190909073824j:image

トレーラー後部の蓋は開閉可能です。

変形の都合のギミックでもありますが嬉しいギミック。内部には特に何か入れられるわけではありません。

 

そしてキャブ部単体で。

f:id:mirapedo3:20190909074113j:image
f:id:mirapedo3:20190909074110j:image

実写映画のオプティマス特有のフャイヤーパターンが入ったトラックですね。

しかし改めてですが、ファイヤーパターン入りのトラックって結構ヤンチャなデザインですよねw
f:id:mirapedo3:20190909074108j:image

サイズや変形の都合で排気筒が短いのが少し残念ですね。

f:id:mirapedo3:20190909074534j:image

トレーラー接続時、キャブ部を左右に振ることも可能です。
f:id:mirapedo3:20190909074531j:image

実写映画は1、2作目はトレーラーが特に出てこなかったので3作目のダークサイドムーンでトレーラー付きのオプティマスが劇中に登場した時はテンションが上がりましたね…。

 

それではオプティマスプライム、トランスフォーム!

f:id:mirapedo3:20190909074826j:image

まずはキャブ部から。

f:id:mirapedo3:20190909074904j:image

フロントグリルを開きます。この時フロントグリルを繋ぐツメパーツが破損しやすいので注意した方が良いですね。
f:id:mirapedo3:20190909074901j:image

タイヤを浮かし後部を展開して脚部にしていきます。
f:id:mirapedo3:20190909074854j:image

ボンネット部を展開、車体の外装を浮かしていきます。
f:id:mirapedo3:20190909074830j:image

フロント部を左右に開くようにします。車体の各部パネルを展開。
f:id:mirapedo3:20190909074833j:image

下半身を折り曲げて本体を立たせます。フロント部は腕部になります。頭部を展開。

f:id:mirapedo3:20190909074837j:image

背中に回り込ませるようにフロントグリルを収納します。
f:id:mirapedo3:20190909074847j:image

ビークルモード時に天面だった部分を背中にジョイント。
f:id:mirapedo3:20190909074857j:image

そこから更に折りたたむようにして背部を形成します。
f:id:mirapedo3:20190909074850j:image

ボンネット部の装甲をたたみます。
f:id:mirapedo3:20190909074844j:image

拳を展開。
f:id:mirapedo3:20190909074907j:image

装甲を折りたたみ、腕部の完成。
f:id:mirapedo3:20190909074841j:image

そして各部を調整して…。

 

完成!

オプティマスプライム、ロボットモード!

f:id:mirapedo3:20190909080112j:image
f:id:mirapedo3:20190909080109j:image

過去に何度も立体化されてますが、今回はかなり劇中のスタイルに似ていて流石のスタジオシリーズと言った感じですね!

サイズはボイジャークラスなのですが、サイズ感を感じさせない密度と再現度で素晴らしいです。

f:id:mirapedo3:20190909080353j:image

頭部も劇中にそっくりです。

今回はDOTM時のオプティマスという事で腹部は特徴的な「腹筋」の造形になってますね。

胴体のファイヤーパターンなどは省略されてますが、サイズを考えるとまあ仕方ないですね。

f:id:mirapedo3:20190909081043j:image

可動は良好。色々な実写オプティマスのオモチャを触ってきましたがかなり動かしやすいです。最も動かしやすいと言っても過言ではありませんね。
f:id:mirapedo3:20190909081046j:image

足首もかなり可動するので接地も良好です。f:id:mirapedo3:20190909081100j:image

首も上を向かせられるので実写一作目のサム達に詰め寄るシーンも再現できますね。
f:id:mirapedo3:20190909081053j:image

そして個人的にかなり好きなのがこの背部!

背中の斜めに配置された装甲も再現されていて劇中に限りなく近くなってるのが素晴らしいです。
f:id:mirapedo3:20190909081056j:image

そして太もも裏のこの二つ並んで配置された車輪も再現されていて流石のスタジオシリーズです。
f:id:mirapedo3:20190909081049j:image

変形は正直言ってかなり難しく、まるで立体パズルの如くです。これは初めてトランスフォーマーに触れる人は嫌になるレベルですね(笑)

しかしその分ロボットモードのスタイルはほぼ完璧です。

個人的には実写オプティマスの決定版オモチャと言っても良いですね!

 

※追記。

オプティマスのフロントグリル部の接続のツメが破損しやすく、僕の持ってるものも破損しました。修理しましたが、結構破損の報告も見受けられます。

f:id:mirapedo3:20190910125013p:image

上の画像の青い四角で囲ったところが引っかかりやすくて折れやすくなってしまってるみたいです。フロントグリルパーツを観音開きしなければならないのにツメのパーツにテンションがかかって折れてしまうんですね。

f:id:mirapedo3:20190910125153p:image

なのでそこの部分を削ると左右にただ開くだけになるので破損し辛くなります!

以上、追記でした。

 

 

そしてトレーラー部の変形。

f:id:mirapedo3:20190909082537j:image

先ずはトレーラー部の天面部を分離させます。
f:id:mirapedo3:20190909082558j:image

そして内部に収納されてた武器を取り外します。イオンブラスターは説明書だと特に記載は無いですが、トレーラー内部に問題無く収納することが出来ました。

f:id:mirapedo3:20190909082555j:image

そしてトレーラー部。
f:id:mirapedo3:20190909082604j:image

後部の蓋を展開。
f:id:mirapedo3:20190909082601j:image

残ってた天面を可動させます。
f:id:mirapedo3:20190909082534j:image

本体を立てます。
f:id:mirapedo3:20190909082542j:image

内部のフレーム部のジョイントを外します。
f:id:mirapedo3:20190909082548j:image

本体を円を描くように装甲を曲げていきます。
f:id:mirapedo3:20190909082540j:image

内部フレームを可動させ、それに這わせるように外装を接続し、丸い形を形成します。
f:id:mirapedo3:20190909082551j:image

内部フレームの各部に武器を取り付けます。
f:id:mirapedo3:20190909082545j:image

ウェポンラックの完成!

劇中とおりにトレーラーから変形するのが凄いです。

内部フレームにはゴムなどは使わないで丸い形を再現してるのはアイデア賞ですね!

 

内部に収納されてる武器はオプティマスに装備可能。

f:id:mirapedo3:20190909083649j:image

まずはイオンブラスター。劇中でも登場回数の多い武器なので印象的です。過去のオモチャでは身体の一部が変形したりというパターンが多かったですが、今回は別パーツです。

イオンブラスターは背中にマウントする事が出来ます。

f:id:mirapedo3:20190912214242j:image

その他、腕部にもマウント出来ます。

実写一作目のリーダーオプティマスのブラスター収納形態のようで結構好きです。
f:id:mirapedo3:20190912214233j:image

ビークルモードでは車体側面にジョイントさせる事ができます。
f:id:mirapedo3:20190912214239j:image

正に取ってつけたようなマウント方法ですが、本体にブラスターをくっつけておけるのは有難いですね。
f:id:mirapedo3:20190909083700j:image

そしてエナジーソード。これも頻繁に登場する武装ですね。

拳を変形させて持たせる事で劇中のように腕から生えてるようにさせてみました。
f:id:mirapedo3:20190909083657j:image

敵をバッサバッサ切り裂いてたのが印象的です。

 

大斧とシールド。

相手を絶対殺すという意志を感じるワイルドな武器です。シールドはDOTM時のリーダークラスオプティマスにも付いてましたが、今回のシールドは小型化されて造形されてます。

f:id:mirapedo3:20190909083653j:image

シールドも拳を変形させて持たせる事で盾を構えたポーズを取らさせられます。
f:id:mirapedo3:20190909083646j:image

武器がかなり豊富で遊び甲斐があります。

f:id:mirapedo3:20190909084652j:image

ウェポンラックはこのようにオプティマスを入れるとまるでリペアドッグという感じでも遊べますね。

 

そして残ったトレーラー天面部の変形です。

f:id:mirapedo3:20190909084808j:image

内部に折りたたまれてた羽を展開。
f:id:mirapedo3:20190909084816j:image

羽の基部を折りたたみます。
f:id:mirapedo3:20190909084824j:image

更に装甲を折りたたみます。
f:id:mirapedo3:20190909084811j:image

羽を更に展開。クロー部も展開します。
f:id:mirapedo3:20190909084814j:image

ジェットパックの完成です。

そしてオプティマス。
f:id:mirapedo3:20190909084805j:image

背部の装甲を変形させこの状態にします。
f:id:mirapedo3:20190909084827j:image

オプティマスの背中に背負わせるようにジェットパックを合体させます。
f:id:mirapedo3:20190909084820j:image

そして手に武器を持たせます。

 

完成!

ジェットウイングオプティマス !!

f:id:mirapedo3:20190909085427j:image
f:id:mirapedo3:20190909085423j:image

大型の羽と大型ブラスターを装備したオプティマスの強化形態ですね。

DOTM序盤に大活躍してたのが印象的です。

f:id:mirapedo3:20190909085620j:image

この羽が付いた状態というのがスクランダーの付いたマジンガーみたいな感じでカッコよくて好きなんですよね…!
f:id:mirapedo3:20190909085606j:image

大型ブラスターはDOTM時のリーダークラス玩具ではガトリングガンのような形状でしたが、今回は更に劇中に近くなってます。
f:id:mirapedo3:20190909085617j:image

首が上に向けるので飛行ポーズも再現できますね!
f:id:mirapedo3:20190909085610j:image

羽は折りたたむことが出来ます。パッケージにはこの状態で梱包されてました。
f:id:mirapedo3:20190909085613j:image

羽の角度を変えることもできます。ドラグナーのグライダーみたいでかっこいいですね。

 

 

そして現在展開中のTFシージのオプティマスと。

f:id:mirapedo3:20190909090236j:image

どちらも似た大きさです。

シージのオプティマスはG1アニメに近いスタイルなので実写版オプティマスとのスタイルの違いが際立って良いですね。

実写のオプティマスも最初は驚きましたが今ではすっかり定着しましたね…。この生物的でもある実写オプのデザインが好きです。

f:id:mirapedo3:20190909090456j:image

ビークルモードで並べて。

こっちも近いサイズ感になってますね。

 

そしてシージオプにSSのトレーラーが付けられるのでは?と思いやってみました。
f:id:mirapedo3:20190909090508j:image

が、シージオプの5ミリジョイントの位置がかなり奥の方にあるため接続することはできませんでした。
f:id:mirapedo3:20190909090504j:image

写真はそれっぽく乗っけてるだけです…。

雰囲気としてはかなり良い感じなんですけどね(笑)

f:id:mirapedo3:20190909090459j:image

そしてシージオプティマスにもジェットパックを装備させてみました。

合体してるわけでは無くただ引っ掛けてるだけですが、良い感じの雰囲気です。

 

 

 

 

と、言うわけでTFスタジオシリーズよりジェットウイングオプティマスプライムでした!
f:id:mirapedo3:20190909090451j:image

ただでさえ出来がいいと言われていたSSオプティマスにトレーラーが付いていて、バージョンアップ版といった感じのオモチャです。

トレーラーがウェポンラックに変形、多彩な武器、さらにはジェットパックとの強化合体などかなりプレイバリューの高いオモチャになっていてかなり遊べますね!

変形はかなり難しく、そこが難点ですが慣れてしまえば問題ないのはいつもの事ですね。

f:id:mirapedo3:20190909091533j:image

僕はSSジェットファイヤーと合体させるためにSSオプティマスが欲しかったのですが、トレーラー付きが出るならそっちを買おうかな…程度で予約したのですが、思ってた以上に素晴らしいオモチャでした!

サイズも弄りやすいボイジャークラスで遊びやすくていいですね!

トランスフォーマー スタジオシリーズ ジェットファイヤー

あっという間に8月も終わり9月になりましたね。

まだまだ暑いですが、なんとなく夏の終わりを感じて少し寂しくなります。

今年はあまり夏っぽい事出来なかったなあ…。

 

 

さて、今回はTFスタジオシリーズよりジェットファイヤーです!

f:id:mirapedo3:20190902071152j:image
f:id:mirapedo3:20190902071142j:image

まずはビークルモード。

ビークルモードはSR-71 ブラックバードです。

リーダークラスなので大きくて迫力があります。

f:id:mirapedo3:20190902071136j:image

特徴的な機体、滑らかな流線型のデザインをちゃんと再現できてますね。
f:id:mirapedo3:20190902071202j:image

機体の薄さもいい感じです。サンプルで見てた時は機体下部の頭部などのパーツが目立つかなーと思ってたのですが、実際はそんな事なくうまく隠れてると思います。
f:id:mirapedo3:20190902071149j:image

機体下部にはランディングギアがあります。
f:id:mirapedo3:20190902071157j:image

三箇所のランディングギア全てを畳んで収納する事が出来ます。

 

それでは変形開始です。

ジェットファイヤー、トランスフォーム!

映画本編をリスペクトした変形をさせてみました。

f:id:mirapedo3:20190902110122j:image

まず武器を取り外します。
f:id:mirapedo3:20190902110129j:image

機首を縮めるように折りたたみます。エンジン部のロックを外しを浮かせます。
f:id:mirapedo3:20190902110049j:image

機首を折りたたみ、機体下部から腕部を展開。

エンジン部を変形させて足にしていきます。
f:id:mirapedo3:20190902110108j:image

エンジン部を脚部にし、胴体を折りたたむように縮めていきます。
f:id:mirapedo3:20190902110054j:image

身体全体を更に縮めるようにしていきます。
f:id:mirapedo3:20190902110113j:image

本体をしっかりジョイントし、肩を本体にロックします。

f:id:mirapedo3:20190902110116j:image

脇腹にベルト部を接続。
f:id:mirapedo3:20190902110044j:image

背中や各部の羽を展開します。
f:id:mirapedo3:20190902110040j:image

ヘッドギアをガンガン叩き展開します…というのは映画をリスペクトしているだけでオモチャの変形手順には特に何もありません(笑)

 

そして各部を調整して…。

完成!

ジェットファイヤー、ロボットモード!

f:id:mirapedo3:20190902121052j:image
f:id:mirapedo3:20190902121054j:image

劇中にかなり似たデザインのロボットモード。

この再現度はまさにスタジオシリーズ!

変形も劇中のように機種を折りたたんで縮めるようにさせるのを再現できるのが素晴らしいです!

f:id:mirapedo3:20190902121231j:image

顔も劇中にそっくりのお爺さんフェイス。

眼球の赤いパーツがもっと目立てばさらに雰囲気は似るのですが、パーツが奥まってる関係で少し目立たないんですよね…。

f:id:mirapedo3:20190902121425j:image

首があまり左右に振れないものの、可動範囲は優秀です。掌を掲げるとなんとなく強キャラ老人って感じでカッコいいですね…。
f:id:mirapedo3:20190902121422j:image

両手を構えて気を溜めるようなポーズも取れます。
f:id:mirapedo3:20190902121431j:image

更に両手を前に出して気功派のようなものを打ち出すポーズも出来ます。

老人キャラが強そうな技を使うって良いですよね。

 

劇中で使ってた杖も付属します。
f:id:mirapedo3:20190902121416j:image

この杖は機体前側のランディングギアが変形したものです。
f:id:mirapedo3:20190902121411j:image

この杖をつくポーズが自然に取らせられるのも素晴らしいです。
f:id:mirapedo3:20190902121434j:image

杖や武器は背中にマウントすることが出来ます。
f:id:mirapedo3:20190902121413j:image

武器には戦斧が付属します。結構大型ですね。

ビークル時には機体下部に収納されてます。
f:id:mirapedo3:20190902121428j:image

劇中で敵を無慈悲にバッサバッサと切り裂いてたので印象的な武器です。
f:id:mirapedo3:20190902121419j:image

リベンジ時に出たリーダークラスの玩具には付属しなかったので、今回付属してくれたのは嬉しいです。

 

 

 

そしてここでオリジナルな遊び方です。

ジェットファイヤー、ガウォークモード!!

f:id:mirapedo3:20190902122218j:image
f:id:mirapedo3:20190902122223j:image

航空機系のTFはどうしてもガウォークモードにしたくなってしまいます(笑)

結構うまくまとまって満足です。

 

 

そしてジェットファイヤーの隠れたギミックです。
f:id:mirapedo3:20190902122209j:image

本体を展開します。
f:id:mirapedo3:20190902122228j:image

すると中にはこのような赤いパーツが収納されています。

オプティマスの腹パーツですね。

このパーツが真価を発揮するのはまた後日紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

と、言うわけでSSジェットファイヤーでした!
f:id:mirapedo3:20190902122213j:image

僕はスタジオシリーズが始まってすぐ出たオプティマスはスルーし続けてたのですが、トレーラー付きのオプティマスが出るらしい!という情報が出た時にそれを買えば何体もオプティマスを買わずに済むかも!と推理しこのジェットファイヤーを予約しました。

 

一応合体用に買ったのですが単品でも十分にカッコよく、かなり遊べるオモチャになっていて良い意味で予想を裏切ってくれました!

オプティマスが来る前に合体を予習しとくか…と思ってスタスクと合体させたりもしてました(笑)

f:id:mirapedo3:20190902122806j:image

ジェットパワースタースクリーム

トボットV キャプテンポリス

今回はトボットVよりキャプテンポリスです!

このキャプテンポリスは6月末のスーフェスの時にパワートレインとどっちを買うか最後まで悩んでたオモチャでした。

その時はパワートレインを選びましたがこのように結局買ってしまいました(笑)

 

まずはビークルモードから。

f:id:mirapedo3:20190819201409j:image
f:id:mirapedo3:20190819201412j:image

ビークルモードは近未来的なデザインのパトカー。

ボンネットに突き出たエンジン、そして車体側面のエギゾーストパイプがカッコいいです。

f:id:mirapedo3:20190819201824j:image

パトランプやフロントランプ、そしてリアのランプもクリアパーツになっていて綺麗です。

全体的に情報量が多くワクワクさせられるパトカーですね。

 

そして付属の「トーキー」。

f:id:mirapedo3:20190819205802j:image
f:id:mirapedo3:20190819205800j:image

犬の形をしたトーキーです。

トーキーは変形させる際にギミックを発動させる「鍵」です。

マスターVにも付属してましたがあちらは胸部のエンブレムという感じでした。
f:id:mirapedo3:20190819205754j:image

トーキーとパトカーを並べて。警察車両と警察犬ですね。

 

ちなみに6月末のスーフェスでパワートレインと悩んでて理由は新幹線もパトカーも息子の好きな乗り物なのでどっちが喜んでくれるだろうな…と考えた末にその時はパワートレインを選んだのですが、結論から言えばどちらも喜んでくれてます。キャプテンポリスは開けてすぐ息子に取られました(笑)

このキャプテンポリスはパトカー形態が特にお気に入りみたいでロボットに変形させると怒るくらいです(笑)

 

 

それでは変形開始!

f:id:mirapedo3:20190819210529j:image

まずはバンパー部を下向きに可動させます。
f:id:mirapedo3:20190819210507j:image

そしてフロント部を少し折り、パーツのロックを解除します。
f:id:mirapedo3:20190819210502j:image

フレームで繋がれたフロント部を移動させていきます。
f:id:mirapedo3:20190819210613j:image

完全に折り曲げるとジョイントでロックされます。
f:id:mirapedo3:20190819210547j:image

足の間に挟まってた武器を取り出します。
f:id:mirapedo3:20190819210446j:image

そして折り曲げてたバンパー部=爪先から…
f:id:mirapedo3:20190819210450j:image

かかとパーツを展開します。
f:id:mirapedo3:20190819210432j:image

本体を立てます。
f:id:mirapedo3:20190819210515j:image

足を伸ばします。戻す時は脚部内側の解除スイッチを押しながら戻します。
f:id:mirapedo3:20190819210454j:image

腕ブロックを左右に広げます。
f:id:mirapedo3:20190819210542j:image

頭部カバーを展開。
f:id:mirapedo3:20190819210458j:image

肩アーマーの向きを変えリアライトが正面に来るように可動させます。
f:id:mirapedo3:20190819210522j:image

腕から…
f:id:mirapedo3:20190819210532j:image

掌を展開!
f:id:mirapedo3:20190819210602j:image

そしてトーキーです。
f:id:mirapedo3:20190819210526j:image

変形させる事により巨大な犬の顔になります。
f:id:mirapedo3:20190819210435j:image

胸部に合体!この時スイッチが押されて埋まってた頭部がバネで飛び出します。とても楽しいギミックです。
f:id:mirapedo3:20190819210606j:image

背中に武器をマウントし、各部を調整して…。

 

完成!

キャプテンポリス、ロボットモード!!

f:id:mirapedo3:20190819211809j:image
f:id:mirapedo3:20190819211735j:image

これぞ警察ロボ!というような王道ながら現代風のデザインのロボットです。

あまりにヒーローロボライクなデザインすぎてこれがこの作品の主人公機なのかな?と思ってたほどです。

プロポーションも良好。身体の正面に向いたライトがカッコいいですね。

 

顔もイケメン。イケメンなロボは大好きです。

警察の帽子を被ったようなデザインがカッコいいです。

f:id:mirapedo3:20190819211700j:image

バイザーの下には目が造形されていて、更に塗装までされてます。

ちなみに小さい犬の顔と大きい犬の顔はよく見ると同じデザインなんですね。

 

可動は良好です。
f:id:mirapedo3:20190819211719j:image

このトボットVシリーズの中でも屈指の可動範囲を誇ります。
f:id:mirapedo3:20190819211730j:image

可動が優秀と聞いていましたが噂に違わぬ可動でさまざまなポーズが付けられます。

 

このキャプテンポリスはデザインと可動がいい塩梅なんですよね。戦隊ロボや勇者ロボのようなガッシリとしたプロポーションなのに動くところはちゃんと動いて、しかも適度なクリック関節でポーズもつけやすい…素晴らしいオモチャです。

発売してからツイッターなどでも評判が良かったのをよく見受けましたがそれも頷けます。

 

背中にマウントしてる武器を変形させて手に持たせる事が出来ます。
f:id:mirapedo3:20190819211708j:image

僕が持ってるトボットVのシリーズのオモチャ達は基本武器無しだったので新鮮です。
f:id:mirapedo3:20190819211741j:image

武器はショットガンのような大型の銃で、迫力がありますね。
f:id:mirapedo3:20190819211800j:image

劇中では必殺技時にはこのショットガンでは無く拳から地面を伝う赤と青の光るエネルギー波を出していました。

必殺技はこの銃で決める訳じゃないのね…と思いました(笑)

 

 

ここでオリジナルな遊び方です。
f:id:mirapedo3:20190819211725j:image

キャプテンポリス、アニマルモード!
f:id:mirapedo3:20190819211756j:image

せっかく動物の頭部が付いているので動物形態を考えて…見たのですが犬の顔のスフィンクスみたいな感じにしかなりませんでした(笑)
f:id:mirapedo3:20190819211749j:image

自己満足!

 

 

そしてマスターVと並べて。
f:id:mirapedo3:20190819211804j:image

キャプテンポリスがTFで言うリーダーサイズくらいあるのでマスターVは大きいですね…。

 

そして宇宙最強 マスターVと。
f:id:mirapedo3:20190819211753j:image

やはり6体合体してるとデカイですね…。

キャプテンポリスがTFでいうデラックスクラスくらいかな?と錯覚しますね(笑)

 

何となく似たような大きさかな…と思ってたゴーバスターエースと。
f:id:mirapedo3:20190819211704j:image

キャプテンポリスの方が全然大きかったです…。

色的に赤と青、黒と白で対比みたいになってて良いですね。

両方ともサングラスをかけたロボですしね。
f:id:mirapedo3:20190819211744j:image

ビークルモードでも。こちらもCB-01よりキャプテンポリスのカーモードの方が全然大きかったです。

 

 

 

と、いうわけでヨントイスの展開してるトボットVシリーズよりキャプテンポリスでした!
f:id:mirapedo3:20190819211815j:image

評判通りの良玩具で大満足でした。

6月末の時にもしこっちを買ってたらここまで韓国玩具に傾倒してなかったんじゃないだろうか…と自問しましたが、恐らく展開は変わってなかったでしょう(笑)

あの時キャプテンポリスを買ってても恐らく今頃マスターV揃えてそうです。

 

このキャプテンポリスは息子も大のお気に入りですし親子揃って遊べて良いオモチャです。

トーキーも「わんわ!」といって可愛がってますw

 

今まで何となく買うハードルが高いながらも、欲しかったなぁという韓国ロボオモチャをこれで手に入れられましたが、もう精神的ハードルが下がってるので他のものにも手を出しそうになってます(笑)

シージ プロール

毎日うだるような暑さで参りますね。

しかしもう少し頑張れば夏休みなので気分は晴れやかです。

 

今回はTFシージよりプロールです!

まずはビークルモード。

f:id:mirapedo3:20190807220814j:image
f:id:mirapedo3:20190807220807j:image

ビークルモードはフューチャーカーですね。と言うよりフューチャーパトカーという感じですね。

f:id:mirapedo3:20190807220929j:image

滑らかな車体、そしてクリアパーツのタイヤが美しいです。

車体側面にはサイバトロン文字でしょうか?それがプリントされてます。
f:id:mirapedo3:20190807220923j:image

車体上部には武器を取り付けることが出来ます。
f:id:mirapedo3:20190807220919j:image

そして変形の都合でドアが開閉できます。嬉しいギミックです。

 

 

それではトランスフォーム!

f:id:mirapedo3:20190807221304j:image

左右ともにドアを開きます。
f:id:mirapedo3:20190807221312j:image

車体下部から腕部を展開。
f:id:mirapedo3:20190807221256j:image

展開した腕部を横に広げます。
f:id:mirapedo3:20190807221322j:image

車体後部を伸ばします。
f:id:mirapedo3:20190807221307j:image

さらに車体後部先端部を曲げてつま先を形成。
f:id:mirapedo3:20190807221314j:image

足の裏からパーツを展開して踵にします。
f:id:mirapedo3:20190807221243j:image

本体を立てます。
f:id:mirapedo3:20190807221253j:image

上半身を回転させます。
f:id:mirapedo3:20190807221319j:image

車体前部を浮かせるように動かします。
f:id:mirapedo3:20190807221301j:image

頭部を出すためのパネルを展開。さらに腹部のパネルも展開します。

f:id:mirapedo3:20190807221248j:image

パネルをボディ内部に入れるように車体前部を動かします。
f:id:mirapedo3:20190807221241j:image

フロント部を曲げ、胸部を形成。
f:id:mirapedo3:20190807221328j:image

首を回し、腕を下ろし各部を展開して…。

 

完成!

プロール、ロボットモード!

f:id:mirapedo3:20190807221832j:image
f:id:mirapedo3:20190807221827j:image

まるでG1オモチャが今風になったような堅実なアレンジです。簡易版のMPと言っても良いくらいの出来ですね。

変形もほどほどに簡単でストレスを感じさせません。

そして何よりこのプロール、シージ特有の汚し塗装が「無い」のです。驚き!

えっどうした?と思ったくらいです(笑)

f:id:mirapedo3:20190807222106j:image

可動は優秀。G1オモチャにかなり近い形状の足もちゃんと接地してくれます。
f:id:mirapedo3:20190807222038j:image

そして武器にはアシッドペレッドストライクブラスターが付属します。
f:id:mirapedo3:20190807222050j:image

武器は背中にマウントすることが出来ます。
f:id:mirapedo3:20190807222042j:image

 

そしてパトランプと武器が合体!
f:id:mirapedo3:20190807222033j:image

説明書によると「アックスモード(axe mode)」。

アックス…アックス…とは…?
f:id:mirapedo3:20190807222058j:image

アックス(axe)と言うからには斧なんでしょうか…?

しかし銃口の方は手に持たせることが出来ません。謎です。
f:id:mirapedo3:20190807222108j:image

なので合体ブラスターモードとして遊んでます。高出力ブラスター!みたいな感じです。

 

 

そしてヘケヘケプロールとトミカのパトカーと。
f:id:mirapedo3:20190807222102j:image

このプロールは買わなくても良いかなとか思ってたのですが、最近息子がパトカーが好きでヘケヘケのプロールのパトカー形態でもよく遊んでたので買ったら喜ぶかな…?と思って買ってみました。

目論見通り息子は喜んでくれたので良かったです…が、ロボットモードにすると怒ります(笑)

あくまでパトカーが好きみたいですね。

しかしデラックスクラスという大きさが良い感じなので僕は息子と出かける時にはよく持ち歩いてます。

 

 

と、言うわけでトランスフォーマーシージよりプロールでした!
f:id:mirapedo3:20190807222046j:image

最後はG1オモチャのパッケージアート風ポーズで。

美しいビークルモード、適度な難易度の変形、そして汚し塗装が「無い」というのでシージシリーズの中でもかなりオススメのオモチャだと思います。

 

パトカーから変形するだけあってシージ特有のパーツになるTFと合体をさせるとまるでロボット作品の主人公機のようなハマり具合です。

とってもカッコよくて素晴らしいオモチャですね!

トボットV ソニックステルス

やっと梅雨が明けましたね!気分も爽快です!

そういえば最近息子は色々な単語やことばをはっきりと言えるようになってきました。とても可愛いです。

 

 

さて、今回もトボットVシリーズから。

今回はソニックステルスです!

f:id:mirapedo3:20190727003847j:image
f:id:mirapedo3:20190727003836j:image

ビークルモードは青い機体がクールなステルス機。
f:id:mirapedo3:20190727003850j:image

F-117やB-2など複数のステルス機のイメージが混ざったようなデザインですね。
f:id:mirapedo3:20190727003854j:image

薄い機体がとてもカッコイイです。
f:id:mirapedo3:20190727003843j:image

機体下部には三脚のランディングギアがあります。
f:id:mirapedo3:20190727003839j:image

ランディングギアは畳むことが出来ます。

 

それでは変形!

f:id:mirapedo3:20190727004300j:image

コクピットを開いて行きます。
f:id:mirapedo3:20190727004315j:image

コクピット部を折りたたんだら機体全部を伸ばします。
f:id:mirapedo3:20190727004312j:image

上半身を起こします。
f:id:mirapedo3:20190727004302j:image

羽を変形させて脚部に。
f:id:mirapedo3:20190727004309j:image

つま先を展開します。
f:id:mirapedo3:20190727004322j:image

上半身を180度回転させます。
f:id:mirapedo3:20190727004257j:image

ランディングギア=胸パネルを閉じます。
f:id:mirapedo3:20190727004305j:image

腕部を下ろします。
f:id:mirapedo3:20190727004328j:image

肩ブロックを可動させます。
f:id:mirapedo3:20190727004254j:image

腕を下ろします。
f:id:mirapedo3:20190727004325j:image

拳を展開し、頭部を回転させて行きます。
f:id:mirapedo3:20190727004319j:image

各部を調整して…

 

完成!

ソニックステルス、ロボットモード!!

f:id:mirapedo3:20190727004746j:image
f:id:mirapedo3:20190727004749j:image

細身でスタイリッシュなロボットモードですね!

あと何気にこのソニックステルスも赤青白の韓国旗カラーなんですね。

f:id:mirapedo3:20190727004945j:image

お顔はイケメン。ゴーグルフェイスなのかと思ってたのですがちゃんと目はありました。

 

可動は上半身は優秀です。

f:id:mirapedo3:20190727005115j:image

しかし下半身はデザインに割りを食われて少し厳しい所がありますね…。
f:id:mirapedo3:20190727005126j:image

それでもガシガシ動かして遊べます。f:id:mirapedo3:20190727005110j:image

このソニックステルスは首も腰も回るのが良いですね。

各関節にはクリックも入ってていい感じです。

 

少しオリジナルなあそびです。

腕をビークル時のように変形させてブラスターモード!
f:id:mirapedo3:20190727005107j:image

胸部パネルを展開!
f:id:mirapedo3:20190727005113j:image
f:id:mirapedo3:20190727005119j:image

ブレストソニックファイヤー!!!

胸部パネルが展開するってすごい好きなんですよね…。カッコイイです。

 

 

そしてパワートレインスーパードリラーと。

f:id:mirapedo3:20190727005536j:image

みんなTFでいうボイジャークラスくらいの大きさなので弄りやすくて良いですね。
f:id:mirapedo3:20190727005532j:image

そして合体!

ソニックパワースーパードリラー!!!

ちょっと無理矢理ですが合体させてみました(笑)

 

 

さらにマスターVとのコンビネーション!

f:id:mirapedo3:20190727005837j:image

まずはソニックステルスをビークルモードに。
f:id:mirapedo3:20190727005847j:image

胸パネルを展開します。

f:id:mirapedo3:20190727005841j:image

6段合体時と差別化するために尾翼はつけたままにしてます。

 

マスターVの背中に…。
f:id:mirapedo3:20190727005830j:image

ソニックステルスがドッキング!

f:id:mirapedo3:20190727005822j:image

 

完成!

マスターVソニックステルス合体形態!!
f:id:mirapedo3:20190727005834j:image
f:id:mirapedo3:20190727005845j:image

背中にウイングが付く事によって飛行能力を手に入れました!

例によって名称が無いっぽかったのでマスターVステルスと呼称します。
f:id:mirapedo3:20190727005825j:image

背中に羽がついただけなのですが、それがカッコいいですね…。
f:id:mirapedo3:20190727005827j:image

スクランダーのついたマジンガーというか、この空戦に強くなったぞ!という見た目の説得力はとても良いですね。

 

 

 

そして全てのロボットが集結!

f:id:mirapedo3:20190727010728j:image

今こそ6段合体!!

「V! インクルージョン!!」

 

まずはソニックステルス。ビークルモードにします。
f:id:mirapedo3:20190727010705j:image

胸パネルを展開し、尾翼を取り外します。
f:id:mirapedo3:20190727010731j:image

スーパードリラー、パワートレインも合体形態にします。
f:id:mirapedo3:20190727010711j:image

そしてマスターVも両腕を取り外し合体形態へ。
f:id:mirapedo3:20190727010718j:image

マスターVの脚にパワートレインが合体!
f:id:mirapedo3:20190727010735j:image

腕にスーパードリラーが合体!!
f:id:mirapedo3:20190727010739j:image

さらに肩にスピードが合体!!!
f:id:mirapedo3:20190727010714j:image

背中にソニックステルスが合体!!!!
f:id:mirapedo3:20190727010708j:image

そして頭部に…。
f:id:mirapedo3:20190727010724j:image

ソニックステルスの尾翼を装着!!
f:id:mirapedo3:20190727010721j:image

各部を調整して…。

 

完成!6段合体!!

宇宙最強 マスターV!!!!!!

f:id:mirapedo3:20190727011213j:image
f:id:mirapedo3:20190727011220j:image

カッコいい…!!!

有無を言わさぬど迫力、満足感、達成感…!

やっと全合体させられました。
f:id:mirapedo3:20190727011143j:image

肩のボリュームが凄すぎて背中の羽が全然見えませんが、頭部が飾りが追加されてパワーアップしたのはとても良いですね。
f:id:mirapedo3:20190727011223j:image

…しかし背中の羽に干渉しまくって腕が前に出さなくなってしまった事に気付きました。

 

それも勿体ないのでソニックステルスの脚部を180度回転させて変形させました。
f:id:mirapedo3:20190727011217j:image

そうする事で羽が後方に逃がせるようになりました。
f:id:mirapedo3:20190727011158j:image

これで腕が前に出せるようになりました!やったね!
f:id:mirapedo3:20190727011207j:image

両腕を前に出し必殺の一撃!!
f:id:mirapedo3:20190727011146j:image

いやぁ感無量ですね…。

これは一度合体させるとそのままらしばらく飾っときたいタイプのオモチャですね。
f:id:mirapedo3:20190727011210j:image

身体の各部に負担と重量が掛かってますが、この状態でも各部のクリックが効いているのでガッチリしてるので安定感がありますね。

 

 

そしてロボットにドリル、新幹線、ステルス機が合体する…ということで似たコンセプトのガオガイガーと並べてみました。
f:id:mirapedo3:20190727011149j:image

オマージュというか多少の意識はあるのかも知れませんね。

 

あと出しやすいところにいたワイルドジュウオウキングと。
f:id:mirapedo3:20190727011153j:image

宇宙最強マスターVはかなりデカいですね…。

 

 

 

 

と、言うわけでトボットVよりソニックステルスでした。

最後は全ビークルを並べて。
f:id:mirapedo3:20190727011204j:image

この一ヶ月でちょっと駆け足気味で集めてしまいましたが、とても魅力溢れるオモチャに出会えた事に喜びを感じています。

トボットVシリーズは求めてる「オモチャ感」全てを内包していて今僕が触りたかったオモチャはこいつらだった…という気分です。

 

ソニックステルスも「いつか出るの楽しみだな」とか思ってたらまさか今月だったとは…。

おかげで早く全合体が楽しめたので良かったです。

これでしばらくはトボットなどの大陸オモチャは良いかな…なんて事は当然無く、心理的ハードルが下がっただけでした(笑)

 

もう「次何買おうかなー」なんて考えてます(笑)

トボットV スーパードリラー

トボットなどの韓国のロボットオモチャ、現在展開してるものを後から手に入れようとするとかなり大変らしいです。

中古屋などにもあまり出回らないらしいですね。

という話を耳にしました。

 

…というわけで買ってしまいました。

 

 

今回はヨントイスの展開するトボットVシリーズよりスーパードリラーです!

まずはビークルモードから。

f:id:mirapedo3:20190717070447j:image
f:id:mirapedo3:20190717070439j:image

ビークルモードはドリル建機。f:id:mirapedo3:20190717070450j:image

4つのドリルが目を引きますね。ロマンの塊のようなメカです。
f:id:mirapedo3:20190717070443j:image

架空のメカですが、コクピット周りにはハシゴとドアが造形されています。

リアルさを演出していて良いですね。

 

それでは変形開始!

f:id:mirapedo3:20190717071534j:image

まずは前側のクローラーを動かしていきます。
f:id:mirapedo3:20190717071516j:image

クローラーを折りたたむとこんな感じです。
f:id:mirapedo3:20190717071519j:image

大きいドリルを動かします。
f:id:mirapedo3:20190717071522j:image

ドリル先端のブレード状パーツを動かします。
f:id:mirapedo3:20190717071528j:image

本体を立てます。
f:id:mirapedo3:20190717071514j:image

コクピット部を開きます。

f:id:mirapedo3:20190717071531j:image

他の部分のドリルを横向きに回転。
f:id:mirapedo3:20190717071525j:image

さらにドリルを折りたたみ拳を出します。
f:id:mirapedo3:20190717071536j:image

各部を調整して…。

 

完成!

スーパードリラー、ロボットモード!

f:id:mirapedo3:20190717071857j:image
f:id:mirapedo3:20190717071907j:image

マッシヴな体型のロボットですね。脚部のデザインが特徴的です。こんな脚部デザインですが安定感バッチリです。

少し背が低めのロボットですが、背中の背負いものが凄くてボリューム不足を感じさせません。
f:id:mirapedo3:20190717071917j:image

優しそうな人相の頭部デザイン。

優しくて力持ち、という感じがしますね。

 

可動は頭部の回転は無いもののよく動きます。
f:id:mirapedo3:20190717071904j:image

関節の各部にクリックが入っているのでポーズの安定感があります。
f:id:mirapedo3:20190717071911j:image

個人的には手の先のドリルを展開し…
f:id:mirapedo3:20190717071901j:image

ドリル攻撃!みたいに遊んでます。

f:id:mirapedo3:20190717071914j:image

なかなか楽しいです。

 

オリジナルな遊びですが、ビークルモードの大きいドリルを変形させてワーカーマシンモード!

f:id:mirapedo3:20190717072535j:image
f:id:mirapedo3:20190717072539j:image

結構それっぽくなって満足です。

 

 

以前紹介した同じトボットVシリーズよりパワートレインと並べて。

f:id:mirapedo3:20190717072855j:image

パワートレインの方が身長は大きいですが、スーパードリラーは前述の通り背負いものが凄いのでボリューム不足感はありません。

 

オリジナルな遊びですが、この2体を合体させてみました。
f:id:mirapedo3:20190717072857j:image

合体!パワートレインドリラー!
f:id:mirapedo3:20190717072901j:image

そして変形!スーパードリラートレイン!!

…このスーパードリラー、中々遊べますね…!

 

そしてマスターVとのコンビネーション!

f:id:mirapedo3:20190717075706j:image

まずはマスターV。
f:id:mirapedo3:20190717075625j:image

両腕を外します。
f:id:mirapedo3:20190717075628j:image

外した両腕は、拳と腕を収納してこの状態に。
f:id:mirapedo3:20190717075637j:image

これでマスターVは準備完了。

 

お次はスーパードリラー。
f:id:mirapedo3:20190717075703j:image

腕の先のドリルを展開します。
f:id:mirapedo3:20190717075646j:image

両腕を上にあげます。
f:id:mirapedo3:20190717075731j:image

そして内側に折りたたみます。
f:id:mirapedo3:20190717075716j:image

本体を左右に分割。
f:id:mirapedo3:20190717075713j:image

右半身のについてる頭部を…。
f:id:mirapedo3:20190717075742j:image

折りたたんで収納します。
f:id:mirapedo3:20190717075644j:image

本体側面のジョイントを…。
f:id:mirapedo3:20190717075650j:image

展開します。
f:id:mirapedo3:20190717075658j:image

スーパードリラーが腕部に変形。f:id:mirapedo3:20190717075631j:image

これで準備完了。

 

マスターVにスーパードリラーを合体!
f:id:mirapedo3:20190717075709j:image

そしてさらにスピードを合体させます。
f:id:mirapedo3:20190717075701j:image

各部を調整して…。

 

完成!

マスターVスーパードリラー合体形態!
f:id:mirapedo3:20190717075641j:image
f:id:mirapedo3:20190717075654j:image

上半身のボリュームが凄いです。

スーパードリラーのクローラーが前面に出たデザインは力強さを感じさせますね。

この形態も名称が特に無いみたいなのでマスターVドリラーと呼称します。
f:id:mirapedo3:20190717075722j:image

可動は下半身は変わらずですが、上半身はマスターV時より少し動かしやすくなりました。f:id:mirapedo3:20190717075719j:image

武器の無かったマスターVですが、マスターVドリラーになることによって腕そのものが武器になってる、という感じですね。
f:id:mirapedo3:20190717075635j:image

肩についたドリルも攻撃的で強さを表現してます。

スピードの断面がエンジンが詰まったユニットという感じがしてとてもカッコいいです。

 

 

そしてさらにパワートレインともコンビネーション!

f:id:mirapedo3:20190717093921j:image

合体方法は前回紹介したので割愛します。

マスターVとスーパードリラー、そしてパワートレインが合体!

 

完成!

5段合体マスターV!!!!!
f:id:mirapedo3:20190717094015j:image
f:id:mirapedo3:20190717094023j:image

現時点で全てのロボットが合体した最強形態ですね。

ボリュームも大きさも凄いことになってます。

もう既にパワーアップしきった感はありますが、あとひとつジョイントが残ってるんですよね…。
f:id:mirapedo3:20190717094007j:image

とてもカッコよくまとまってます。

上半身はよりボリューミーに、下半身はスマートながら突き出たつま先でシルエットが崩れないようにバランスが良くなる様になってます。

これでちゃんとしっかり合体してるのだから凄いです。
f:id:mirapedo3:20190717094012j:image

さすがに多少肩や下半身に重量がかかってる感はありますが、ちゃんとガシガシ遊べる様になっています。

が、これは合体させたら既に満足してしまって永遠に眺めてられるタイプのオモチャですね(笑)

f:id:mirapedo3:20190717094018j:image

重量以外に可動を妨げるものは無いので相変わらずガシガシ動きます。
f:id:mirapedo3:20190717093932j:image

機動力と攻撃力を兼ね備えた合体形態ですね。

 

そしてやはり剣が似合いそうだったので装備させてみました。またまたSSSSのプラズマソードです。
f:id:mirapedo3:20190717094000j:image

拳に穴が開いてるわけではないので挟んでるだけです。
f:id:mirapedo3:20190717093941j:image

うーむやはり似合います。かっこいいロボには剣、ベストマッチです。

とてもかっこいいですね…。

 

 

最後はビークルで全員集合。
f:id:mirapedo3:20190717093950j:image

ロボットモードでも。

短期間にババっと買ってしまいましたが後悔はしてません(笑)
f:id:mirapedo3:20190717094027j:image

と、いうわけでトボットVよりスーパードリラーでした!

戦隊でいうイエロー、勇者などの合体ロボでいう「脚要員」に近いイメージがありなんとなく安く売ってたのですが、かなり遊べるスーパードリラーです。

そして他のメカと絡めると楽しさ倍増!時間を奪ってくれます。

そしてあと一体!発売が楽しみですね…。

いやまあ…買うとは決まってませんが(笑)